Windows 10 1803 インストールエラー ([0x80070002]winpeshl.ini)

Windows 10 1803 インストールエラー ([0x80070002]winpeshl.ini)

皆さまこんにちは、さるさるすべり、です。いかがお過ごしでしょうか。

Windows 10 1803 へアップデートする際に何度もエラーが出てなかなかアップデート出来ませんでした😢

ようやく原因がわかり解決できたのでメモしておきます。

環境

さるさるすべり、の環境は

Windows 10 Enterprise 1709 デス。

お仕事用なのでEnterprise Edition を使ってます。

Windows 10 1803 が公開されてからすぐにISOイメージを取得してISOイメージをマウントし、setup.exe をダブルクリックして早速アップデートを開始です。

必要なファイルを読み込んだ後、再起動がかかります。

がっ!

再起動後PCは、

winpeshl.ini ファイルは存在しますが、コマンドは 1 つも正常に開始されせんでした。構文が正しくないか、または実行可能ファイル名が無効なことが原因として考えられます。詳細についてはマニュアルを参照してください。

の画面が出てしまいます。

このメッセージはコマンドプロンプトの画面で表示されます。

コマンドプロンプトから exit を入力するともう一度再起動がかかってロールバックしてくれます。

どうしたもんかと悩みながら、PC再起動直後にアップデートしたり、ウィルス対策ソフト外してアップデートしたり色々とやったのですが状況は変わらずです。

アップデート時に何か問題になるモジュールとかあるのかと思い、しばらく期間をあけて再チャレンジしましたが結果は同じでした。

お盆期間中に少し手が空いたので、またチャレンジしました。

色々とGoogle先生で調べてみたところ、次の情報を見つけました。

Windows 10 1803: winpeshl.ini file is present, but no commands were successfully launched

! まんまやん !

 

この記事によるとISOイメージのsetupに不具合があるようです。

SW_DVD5_Win_Pro_Ent_Edu_N_10_1803_64BIT_Danish_-2_MLF_X21-79647
SW_DVD9_Win_Pro_Ent_Edu_N_10_1803_64BIT_Danish_-3_MLF_X21-82164

79647 だとうまく行かず、82164 で修正されてるそうです。

すでにMicrosoftから修正済みのISOイメージが公開されているとのこと。

さるさるすべりの使用していたISOイメージは

SW_DVD9_Win_Pro_Ent_Edu_N_10_1803_64BIT_Japanese_-3_MLF_X21-82184.ISO です。

早速Microsoftより取得してみると次のバージョンでした。

SW_DVD9_Win_Pro_Ent_Edu_N_10_1803_64BIT_Japanese_-4_MLF_X21-87151.ISO

82164より新しければ良いようです。このISOイメージからアップデートしたら見事に成功です。

アップデートをISOから行うような場合じゃないと発生しないので情報があまりなく久し振りに苦労しました。

これでさるさるすべりも1803でお仕事出来ます。早く使いたかったなぁ😁

あ、今回のようにコマンドプロンプトウィンドウだけ表示されてエラーになる場合でも、dir とか copy コマンドは使えるし、notepad といれたらメモ帳も起動します。またCドライブも見えるのでエラーログとかあったら、メモ帳で確認したりCドライブにコピーしてからロールバックでもとのWindows に戻って調べたり出来ますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中